スポーツ

サッカーワールドカップとオリンピックの違いは何か?違いを解説!

本年、2020年は東京オリンピックイヤーです。

 

あと半年ほどで世界最大のスポーツの祭典が開催されますね!

 

 

実は男子サッカーに限り、オリンピック限定のルールが存在します。

 

正直、ワールドカップとオリンピックって何が違うの?って思われている方もいらっしゃると思います。

 

今回は、サッカーワールドカップとサッカーオリンピックの違いについて解説していきます!

オリンピックは年齢制限があり、選手登録数も少ない

サッカーオリンピックの最大の特徴は、年齢制限があることです!

23歳以下の選手しか出場できません。

 

ワールドカップには年齢制限はありません。

あったら大会が崩壊します。笑

 

選手紹介でオリンピック世代と紹介されたり、U-23代表が存在する理由です!

 

 

※オリンピック本戦のみ

オーバーエイジ枠(24歳以上の選手が出られる措置)が3人まで認められています。

各大陸予選ではオーバーエイジ枠は使えません。

ちなみに、オリンピック女子サッカーは年齢制限はありません。

 

また、オリンピックは男女共に選手の登録数は18人までです。

 

※オーバーエイジ枠も含めて18人です。

オーバーエイジ枠は必ず使わなければいけないことはありません。

 

ちなみにワールドカップは年齢制限なし、登録人数は23人までです。

出場国数、出場枠数の違い

ワールドカップとオリンピックでは、出場国数、出場枠がそれぞれ違ってきます。

 

オリンピック 男子16チーム 女子12チーム

ワールドカップ 男子32チーム 女子24チーム

※出場枠は下記参照

 

オリンピックの出場国数は、ワールドカップの半分しかありません。

地域ごとの出場枠も、オリンピックとワールドカップでは大きく違ってきます。

 

●オリンピック

 

・出場可能国数

男子16チーム 女子12チーム

 

・各大陸の出場枠(東京オリンピック)

アジアサッカー連盟(AFC):4枠 女子3枠

※開催国枠込み

アフリカサッカー連盟(CAF):3枠 女子1.5枠

北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF):2枠 女子2枠

南米サッカー連盟(CONMEBOL):2枠 女子1.5枠

オセアニアサッカー連盟(OFC):1枠 女子1枠

ヨーロッパサッカー連盟(UEFA):4枠 女子3枠

 

※1.5枠の解説

出場枠数が小数点の各大陸予選2位が戦い、勝者に出場権が与えられる。この場合はアフリカ予選2位vs南米予選2位の勝者がオリンピック出場

 

・大会方式

男子:4チーム振り分けのグループ予選

(4×4 計16チーム)

→上位2チームが決勝トーナメント出場

(計8チーム)

 

女子:4チーム振り分けのグループ予選

(4×3 計12チーム)

→上位2チーム+各グループ3位から上位2チームが

決勝トーナメント出場(計8チーム)

 

 

●ワールドカップ

 

・出場可能国数

男子32チーム 女子24チーム

 

・各大陸の出場枠(カタールワールドカップ)

女子は2019年フランスを参考

アジアサッカー連盟(AFC):5.5枠 女子5枠

アフリカサッカー連盟(CAF):5枠 女子3枠

北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF):3枠 女子3枠

南米サッカー連盟(CONMEBOL):4.5枠 女子3枠

オセアニアサッカー連盟(OFC):0.5枠 女子1枠

ヨーロッパサッカー連盟(UEFA):13枠 女子9枠

 

※前回ワールドカップの成績に応じて枠が振り分けられるので、毎回若干異なります。

 

・大会方式

男子:4チーム振り分けのグループ予選

(4×8 計32チーム)

→上位2チームが決勝トーナメント出場

(計16チーム)

 

女子:4チーム振り分けのグループ予選

(4×6 計24チーム)

→上位2チーム+各グループ3位から上位4チームが決勝トーナメント出場(計16チーム)

 

このようにオリンピックとワールドカップでは出場国、出場枠、大会運営方式が変わってきます。

 

特にサッカーワールドカップはヨーロッパの枠が非常に多いのが特徴です。

枠の3分の1以上を占めていますね!

サッカーのレベルや実績を考慮すれば当然ですが。笑

オリンピックは各大陸に平等に振り分けられている印象ですね。

まとめ

今回は、サッカーワールドカップとオリンピックの違いについてまとめてみました。

 

オリンピックを一言で表すと、出場枠が平等な若手中心のワールドカップといったところでしょうか。

 

次世代を担う若いスターが主役になることは、ワールドカップとはまた違う視点で楽しめそうですね。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。