スポーツ

サッカーとラグビーは元々1つだった?分かれた経緯を解説!

スポンサーリンク

こんにちは。サッカー大好き営業マンのカークです。

 

今や世界で一番人気のサッカーですが、かつてサッカーとラグビーは同じスポーツでした。

サッカーをフットボールとも言いますが、ラグビーもまた同じくフットボールで表されます。

 

JFA(日本サッカー協会)=Japan Football Association

JRFU(日本ラグビー協会)=Japan Rugby Football Union

 

元々1つだったフットボールがサッカーとラグビーに分かれました。

現在でもどちらのスポーツもフットボールと表現される所以です。

 

フットボールがサッカーとラグビーは元々1つのスポーツだった

1800年代のイギリスでは高校(ハイスクール)でフットボールが盛んに行われていました。しかし、この当時、現代のサッカーやラグビーのような統一されたルールが存在していませんでした。

 

ある高校ではボールを足で蹴って運び、ある高校ではボールを手で運ぶなど、各高校の独自のルールでフットボールが行われてきました。

 

各高校が異なる独自のルールでフットボールをしていたため、他高校と試合をすることがとても困難でした。

 

そりゃあー、自分たちが手を使わないのに相手が手でボールを運んできたら度肝を抜かれますし、サッカーのドリブルの最中にラグビーのタックルをかまされたらたまったもんじゃないですよねー(笑)

 

試合の際は、どちらかのルールに合わせて試合が行われていましたが、当然満足のいく試合にはならなかったとか・・・

 

サッカーとラグビーが分かれた経緯

この当時のイギリスでは、試合を組むことが困難な状況が続いていました。

そこで、他チームと試合をしやすくするために、イングランドサッカー協会が1863年に現代サッカーの基盤になっている統一のルールが作りました。

 

このルールでは、ボールを手で運んではいけないことが含まれていました。

 

このルールがサッカーとラグビーの線引きをすることになりました。

 

次々と高校が新ルールを採用していく中、「ラグビー高校」は手でボールを運ぶルールを一貫し続けました。これがのちのラグビーに発展していきました。

 

このような経緯で、フットボールがサッカーとラグビーに分かれていきました。

おまけ

過去様々なところで、サッカーが行われていたことは前回・前々回の記事でご紹介致しましたが、現代ルールのサッカーが世界に広がった理由は、イギリス人が広げた説が有力です。

 

この当時のイギリスは産業革命が起こり、世界で最も高度な技術を有していました。この当時のイギリス人が、世界中に技術と共にサッカーを広げて行ったと言われています!!

 

この流れがあったからこそ、イギリスは「サッカーの母国」と呼ばれているのかも知れませんね~(^_^)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!

スポンサーリンク